カジノに挑戦した時の話

社会人になって初めて海外に行ったのは、社員旅行でのマカオでした・・・[男性 36歳]

社会人になって初めて海外に行ったのは、社員旅行でのマカオでした。
海外はとても貴重な体験であり、日本との違いに驚き楽しめました。

マカオのカジノにも訪れましたが、カジノも初めての体験だったので不安や期待など、色んな感情が湧きました。
カジノと聞いて不安に思うことは、熱中し過ぎてお金を使い過ぎてしまうことです。
私はギャンブルに強くないし、お金もあまり持っていないので、少額で単純に楽しむという目的で挑戦しました。
私がやったのは、ルーレットとスロットとブラックジャックです。

ルーレットはルールが分かりやすく、シンプルな内容なので初めての私は真っ先に挑戦しました。
番号を当てるのは難しいと思ったので、赤か黒かを選択するという簡単なものにしました。
スロットは個人で淡々とできるので、ギャンブルに不慣れだったり、ディーラーと関わるのが嫌な私にとっては、最もやりやすかったです。
最も掛け金の少ない機種でトライしました。
ブラックジャックは同僚がやりたいというので、一緒に少しやった程度です。

トータルでは負け越しですが、少額で繰り返していたので、それほどの痛手にはなっていないです。
初めてのカジノで貴重な体験ができました。